漢方

2016年10月 4日 (火)

免疫治療5回目

今日は培養後の白血球が6億個ぐらいだったそうだ。

前回(9月20日)には5億個ぐらいだったから、今日のほうが多い。

先生の話では、血液が元気になってきたのでは、ということだった。

帰ってからも、玄関で一人でひっくり返ってクネクネしていた。こんなことはここ半年ぐらいなかった。

体調が上向いているみたいだ。ほんの僅かだが、色々な場面で積極的になっている。




恒例の(?)帰宅直後の写真。前回と同じくらいか、もう少し上機嫌。

Img_1478

嬉しくてピント合わせる暇もなかったので、はっきり写ってるのが床とザックになった。




免疫療法のラボが込み始めているので、次回の予約が4週間後になってしまったが、この調子なら多分大丈夫。

明々後日の金曜日には日獣センターで腫瘍の検査。また絶食だ。でも、結果がちょっと楽しみ。

来週はその結果を持って漢方の先生と相談、再来週は採血、とスケジュールがきつくなるので、

普段の生活で無理をしないように気をつけなくては。



漢方と言えば、オゾン療法も効いてきているような気がする。こちらはじんわりゆっくりと。

免疫治療と同時にできない(お互いに打ち消し合うらしい)ので、前回初めて受けられたのだ。

来週は輸血なしなので、ぜひお願いしようと思う。

免疫治療の間隔を少しづつ大きくしながら、漢方で補えるといいなあ。

2016年9月23日 (金)

今日も病院

今日も成城こばやし動物病院。

漢方の先生に漣と野花を診てもらいに行った。 

漣の緊張が少なくなってきた。

野花の調子が良くなってきた。

ということで嬉しいことばかり。

便が柔らかめの漣のお腹のマッサージをしてもらい、野花もオゾン療法を受けた。

本当は免疫療法が1クール終わったのでこれからの予定というか、

方針を相談するつもりだったのにそんなことすっかり忘れて、

食事のこととか、運動のこととかを聞いて帰って来てしまった。

後で気づいて慌てて電話で相談。

どうも、私はこれからのことを考えるのを無意識に避けているようだ。

少し考え込んでしまったが、

野花に「それ食べられないよ。」と言われているような気がしてやめた。


Img_1430
かーちゃん、そろそろ御飯の時間です

2016年8月27日 (土)

野花 The Blackjack

放射線照射終了から3週間。

野花はブラックジャックになった。

毛はまた生えてくるそうだが、色は抜けてしまうらしい。

どんなふうになっていくのか、ちょっと楽しみだ。

Img_1241

私は可愛いと思うのだが、可哀想!と言って眉をひそめて見るひともいるので、

散歩はあまりひとや犬に会わない工夫をしている。

野花は自分のことを可哀想だと思ってないのだから

不安にさせるような顔で見ないでほしい、という

まあ、言ってみれば保護者のわがまま。


23日の火曜日には2回目の免疫治療を受けた。

漢方の先生にも診ていただいた。気の具合が前よりも落ちているということだった。

マッサージ、食事などについて教えていただいた。

まずは基礎体力をあげることを考えましょうということで漢方薬、

まだ目の腫れと目脂が目立つので目薬の処方。

Img_1259

一回目(9日)の免疫治療の時はとても元気になっていたので

ひそかに期待していたのだが、今回は目立って元気になった様子はなかった。

野花らしく、低レベルではあるけれども機嫌よくしてくれている。


次回までに体力が回復する助けになるように、周囲の環境をなるべく穏やかにしたいのだが、

思春期青年期の元気で空気を読まない子が一緒にいるので中々思うようにはいかない。

Img_1235 え?俺?

でも、漣も前よりは野花のそばにそっと近づくようになった気がする。


家族も野花にストレスをかけないように協力してくれている。

その他のカテゴリー