放射線療法

2016年8月 5日 (金)

放射線治療終了

4回の放射線照射が終わった。

4回目の照射では、野花は自分から病院、診療室に入り、全然嫌がらずに治療室に向かった。

もしかしたら、照射の後、なんとなく調子が良くなるのかもしれない。

右目が腫れて目やにが多くなり、周りの毛が少し抜けてきている。

Img_1037_2

2016年7月23日 (土)

放射線照射2回目

昨日は日本獣医生命科学大学付属動物医療センターで2回目の放射線照射をしてきた。

扱いが丁寧なので、野花はほとんど嫌がらずに診察室に入り、看護師さんに連れて行かれた。あと2回。

篩骨の浸潤について聞いたら、野花の場合はとても範囲が小さいので、経験的には浸潤無しとほとんど変わらない、ということだった。よかった。

尿漏れの話をすると、すぐ尿検査をしてくれて結果も出た。

膀胱炎の心配は無いそうだ。そんなにひどくないのなら、様子を見ましょう、ということになった。

今日は漏れていないみたい。

2016年7月21日 (木)

これまでの経緯

6月14日 野花が大量の鼻血を出す。

6月30日 成城こばやし動物病院へ 日本獣医生命科学大学付属動物医療センターを紹介していただく。

7月1日 日本獣医生命科学大学付属動物医療センターで CTスキャンと病理検査のための麻酔が可能か検査

7月6日 CTスキャン 病理検査

7月15日 放射線照射1回目 
 
7月17日 成城こばやし動物病院で今後の方針を相談。免疫療法と漢方でやってみることにする。

今ここらへん・・・

結構忙しかった。

その他のカテゴリー