« 免疫療法とその周辺 | トップページ | 免疫治療4回目 »

2016年9月22日 (木)

免疫療法とその周辺2

免疫療法というものがあることについては、人間の医師である夫の友人から聞いて知っていた。

彼は免疫療法を中心とするガン治療病院の雇われ院長をしていて

保険が効かない高価な治療であること、患者の半数ぐらいが医師であることなどを聞いていた。

その時はまさか自分の切実な問題になるなんて思っていなかったけれど。

おまけに犬の免疫治療なんてね。

あらためてインターネットで調べると、費用以外では

・エビデンスが少ない。

・完治は難しいらしい。補完的。

などのデメリットが出てくる。もちろん、メリットもたくさん出てくるが。

たしかに、癌に効いているかどうか見極めるのは難しい。

第一、癌が今どういう状態か知るためには全身麻酔をしてCT,MRIの検査をしなくてはならない。

検査して癌が小さくなっていても、それが治療の結果であることを証明できるほど何回も検査はできない。

全身麻酔自体、野花の寿命を縮めることになりかねないし。おまけに検査料高価だし。

でも、野花は少しづつ元気になっている。それだけは確かだ。

だから、犬にその治療?というのもわかるんだけど、

私は野花が最後の時を迎えるまで笑顔でいて欲しい。

彼女の病気が治るのではなくて、最後まで生きていることを楽しむのを見ていたい。

そして、私のただそれだけの願いのために、高額の治療費を許してくれる夫に感謝している。

でもさ、ホストクラブとか、パチンコだったらもっとかかったんじゃね?

« 免疫療法とその周辺 | トップページ | 免疫治療4回目 »

免疫療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524547/64228259

この記事へのトラックバック一覧です: 免疫療法とその周辺2:

« 免疫療法とその周辺 | トップページ | 免疫治療4回目 »